オランダ語講座・ビュールタウスのロゴ →カートの中
            オランダ語クラブ

 久保谷講師が多忙のため、しばらく講座をお休みすることにしました。皆様にご迷惑をおかけすることをお詫びします。

オランダ語を担当している久保谷洋講師  解答は毎回(1)住所(2)氏名(3)性別(4)職業(5)ニックネーム(10字以内)を明記したうえで、必ず「オランダ語クラブ第○回」と件名をつけ、kubotani@asunaro-online.comに送ってください。
 投稿の書式や件名が異なったり、記入漏れがあったりする課題は受け付けません。感想や質問などがあれば、(6)として簡潔に記してください。個別に回答はしませんが、なるべく講評などで取り上げるようにします。さらに疑問がある場合はに書き込んでください。できるだけ答えるようにします。
 優秀答案や解説・講評では、「ニックネーム」で紹介します。
 →講師の経歴

→オランダクラブ28回解説・講評


 オランダ語学習者の情報交換の場として掲示板を設置しました。活用してください。

            オランダ文和訳の課題(第28回)
 前回は百科事典(Wikipedia)からの出題です。

Openbaarheid van bestuur is een algemeen rechtsbeginsel dat stelt dat de burger het recht heeft te weten hoe de overheid werkt. Dit beginsel is intussen ook in de wetgeving van meerdere landen uitgewerkt.

Nederland
De Wet openbaarheid van bestuur (Wob) uit 1980 regelt de inzage van bepaalde documenten van de overheid. De wet garandeert de mogelijkheid voor burgers om documenten over een bestuurlijke aangelegenheid bij een bestuursorgaan (bijvoorbeeld een ministerie, provincie of gemeente) op te vragen. Regelmatig gebruiken journalisten deze wet om informatie op te vragen.

De wet begint als volgt:

Alzo wij in overweging genomen hebben, dat het, mede gelet op artikel 110 van de Grondwet, met het oog op een goede en democratische bestuursvoering wenselijk is gebleken de regelen met betrekking tot de openheid en openbaarheid van bestuur aan te passen en deze zoveel mogelijk in de wet op te nemen.

Persoonlijke beleidsopvattingen, privacygevoelige informatie zoals strafbladen en stukken die concurrentiegevoelige informatie van bedrijven bevatten, zijn uitgesloten van de mogelijkheid om ze met een beroep op de wet WOB in te zien. Maar ook hierop zijn uitzonderingen mogelijk gemaakt door de rechter en het Verdrag van Arhus.



                 <課題についてのルール>
(1)皆さんが提出した解答の全部または一部について、(a)このホームページ上で公開するほか(b)将来、久保谷講師が執筆する著作、久保谷講師が行う講義の中で引用する場合があります。
 課題提出者はこの点に同意したものとみなします。

(2)課題を添削して返却するわけではありません。解説と講評を掲載しますから、自己採点してください。
 なお、解答と解説を参照すれば、自習できる仕組みにはなっていますが、教育上の観点から課題の提出を強く勧めます。

(3)課題提出の締切は毎月末の正午です。解説・講評は締切の翌月の15日に掲載します。
 解説や講評は約1カ月でホームページ上から削除されます。

(4)講師の都合により、お休みする月があります。また、出題日、締切日、解説掲載日を若干変更する場合があります。

(5)
成績優秀者には毎回、A答案(非常に優秀な答案)に2ポイント、B答案(優秀な答案)に1ポイントを付与します。ポイントが一定以上たまった参加者には、記念品を贈ります。ニックネームを途中で変えると、ポイントが加算されませんので注意してください。



      
おすすめサイト
姉妹サイト「あすなろ・オンライン」

 

 

 

 

 


                                           [↑一番上へ]